結婚指輪は永遠に身につける~ラブフューチャー~

指輪

平均を把握する

価格の平均はどのくらい

リング

現在の結婚指輪購入額の平均は20万円とされています。これは2本の価格平均なので、1本あたりは10万円前後ということになるでしょう。 ただ、あくまでも平均なので自分たちで出せる予算の範囲内で取り決めて構いません。全体的な購入金額を見てみると、5万円〜20万円台となっているため、中にはあまりお金をかけずに購入する人も少なくはないのが現状です。 また、最近は婚約指輪を購入せず、結婚指輪にお金をかけるケースも増えてきているため、そういった方だと割と高めの結婚指輪を購入することもあるとのことです。 基本的にはペアリングですが、お互いの好みもあるので、カップルによっては全く違うブランドやデザインのリングを購入する方もいます。

結婚指輪が一般化したのは

結婚指輪が日本で一般化したのは戦後のことです。 明治に入り、日本に西洋文化が多く入ってくるようになると、階級が高い家では和服、帯、髪飾りなどの代わりに洋服やリングなどのアクセサリーを身に着けることも増えました。ただ、その当時はまだ世間一般に幅広く認知されていたものではありません。 それが戦後の高度成長期に入り、階級で区別されることもなくなり、市民の生活も豊かになったことからアクセサリーを身に着けるのも一般的になってきたと言います。そして、同時に結婚指輪も主流になっていきました。 外国から入ってきた文化なので必ず購入しなくてはならない物ではありませんが、今では結婚するカップルの9割以上が購入していると言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 結婚指輪は永遠に身につける~ラブフューチャー~ All Rights Reserved.